JAFNAについて
JAFNAのご案内

設立

平成10年4月1日

目的

当協会は、信頼性の高い役に立つ生活情報を提供し、もって豊かな国民生活に資するとともに、生活情報紙誌の信頼性と社会的存在価値を高め、あわせて業界および構成会員の健全な発展と成長の促進を図ることを主目的としています。

広告倫理綱領、広告掲載基準

厳しい倫理綱領と掲載基準を作り、悪質な広告主を排除し、できる限り読者に有益な情報を提供するようにしています。

広報活動

マスコミ、政界、官界、業界その他に対する広報活動。また社会に少しでも貢献しようと、社会問題をテーマとする啓蒙キャンペーンを展開している国際的な団体「公益社団法人AC ジャパン」に加盟し、会員の紙誌面を無料で提供して、キャンペーンに貢献しています。この他、公益社団法人東京広告協会、公益社団法人全日本広告連盟に加盟し、各種情報を発信しています。また、広報機関紙『JAFNA通信』の発行・配布、ホームページの開設、最新の協会活動について適宜情報を提供しています。

事業活動

JAFNAフォーラム=会員の研鑚の場として、年2回、専門家による講演会を東京・大阪で交互に実施します。
大学提携講座=JAFNAが大学と提携して開講する「フリーペーパー講座」。平成30年度は目白大学で実施しています。

会員の種類と資格

A、正会員
原則として、無償の生活情報紙誌を月1回以上定期的に発行する会社であり、次の基準を満たす法人
  1. いわゆる生活情報や一般記事などの編集欄が、全紙面の10%以上を占めていること。
  2. 一般社団法人日本ABC協会の会員か、または何らかの形で配布部数の信頼性が証明されていること。
  3. 政党や宗教団体の機関紙、または特定の企業の宣伝・広告紙ではないこと。
  4. 紙面が公序良俗を保っていること。
  5. 創刊後6カ月間継続して発行していること。
B、賛助会員
原則として以下の点以外は正会員に同じ。
正会員の2項の代わりに、印刷会社の印刷部数証明と自社の部数に関する誓約書を提出すること。
C、協力会員
生活情報紙誌に関連して次のいずれかの業務を行っている法人
  1. 生活情報紙誌の物流・配布
  2. 広告募集またはその代理
  3. 印刷
  4. 用紙製造・販売
  5. マーケティング、市場調査ほか
  6. 編集・制作・デザイン等のシステム開発および補完メディアとしてのWeb、モバイル等のシステム開発・ソフト提供など
D、協賛会員
生活情報紙誌に関わる広告主または資金援助法人
E、個人会員
生活情報紙誌、フリーペーパー、コミュニティペーパー等の研究者、学者、専門家(フリーペーパー経営者を除く)
このページのTOP
Copyright ©  Japan Free Newspapers Association All rights reserved.
JAFNAについて
JAFNA通信
フリーペーパーって何?
JAFNAトップページへ